葛西のジム 初めてのダイエット応援 脂質で何故太るのか?

 

昔は日本人の肥満の原因は食の欧米化による肉の脂やバターなど脂肪の摂取量が増えて

総摂取カロリーが増えたせいだとする意見が大多数でした。

近年、脂質は体内ホルモンの材料になること、細胞膜の形成に必要となること、ビタミンの吸収を助けることなど

その働きが見直されて脂質は太る原因ではないという意見が多くなりました。

現在の太る原因は糖質の過剰摂取、糖質を摂取したときのホルモンの働きだとする意見が多いです。

脂質であろうと糖質であろうと過剰摂取すれば太ります。

しかし、極端とも思う低糖質ダイエットブームで糖質の太る原因は簡単に知ることが出来ますが、

脂質で太る原因があまり知られなくなっているのではないかと思います。

そこで今回は脂質で太る原因を書いて行きたいと思います。

 

そもそも脂質とは?

脂質とはタンパク質、炭水化物と共に三大栄養素とされています。

脂質は体のエネルギーとしてや体内ホルモンや細胞膜の材料になること、ビタミンの吸収を助けることなど働きがあります。

カロリーは1gあたり9kcalあって高カロリーです。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分かれています。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は体内でも合成できる脂肪のことで肉の脂に多く含まれています。

飽和脂肪酸の過剰摂取は動脈硬化の原因になると考えられていた悪い脂質とされています。

これも過剰摂取が悪い影響があるだけでエネルギーとして蓄えやすいことなどメリットもあります。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は体内で合成できない種類の脂質もありまして必須脂肪酸と呼ばれている不飽和脂肪酸もあります。

魚の脂、植物性の油に多く含まれています。

体脂肪燃焼に役立つこと、血液をサラサラにすることなど良い脂質とされています。

デメリットは劣化しやすいことです。油は熱、酸素、光などの影響で劣化します。

劣化した油は認知症の原因にもなるのではないかと考えられていて大変危険です。

植物油などはなるべく早く使いましょう。

 

なぜ、脂質で太るのか?

さて、本題に入ります。

近年、肥満の原因のやり玉に上げられる糖質は摂取すると血糖値が上がって

インスリンという体内ホルモンが働き血糖値を下げる、栄養を吸収するなどします。

このときにインスリンの働きで摂取した糖質は肝臓や筋肉に蓄えられて

余った糖質は体脂肪になってしまいます。

人間の体で最も使いやすいエネルギーは糖質です。

その糖質が体内に充分あると、ダイエットで燃やしたい脂肪まで体が使わないので、

ダイエットが進みづらいということもあります。

 

脂質は摂取しても血糖値が上がらないので摂ってもインスリンが働かないので太らないのでないかと思いますよね。

しかし、そんなに簡単な話ではありません。

 

脂質は高カロリーです。人間は消費カロリーよりも摂取カロリーが上回った日々を続けてしまうと太ります。

脂質の摂りすぎは摂取カロリーが高くなりやすく肥満になりやすいです。

脂質は過剰摂取すると小腸で吸収されて体脂肪として体内に蓄えられます。

 

脂質と糖質はどちらが肥満の原因なのか?

脂質は体のエネルギーとしてだけでなく体内ホルモン、細胞膜の形成などに使われます。

摂った脂質が全て体脂肪にはなりません。

糖質は体のエネルギーとしての役割しかありません。

こんなに単純な話だけでなく様々な学者などの方が研究を進めていますが、

私個人的には糖質の方が肥満の原因になりやすいのではないかと思います。

 

しかし、糖質、脂質共に忘れてはならないのは過剰摂取することが悪いのです。

糖質を摂らずに疲労を常に感じていたり、睡眠不足の原因になったり、集中力が切れる

筋肉を失いやすいなどの悪影響があります。

脂質が不足すると体内ホルモンの働きが悪くなること、肌のカサツキ、便秘などの悪影響があります。

 

結局は栄養のバランスと総摂取カロリーです。

低糖質ダイエットがブームとなり1日の糖質摂取量が20g以下にすると極端なダイエットに挑戦する方もいますが、

脂質でカロリーを摂りすぎていては順調には痩せないでしょう。

※低糖質ダイエットで最初すぐに痩せるのは糖質と共に体内蓄えられている水分が抜けるからです。

 低糖質ダイエットでも脂質を摂りすぎている場合には最初の2~3㎏くらいはすぐに体重が落ちても

 その後に体脂肪も燃えずに体重も落ちないでしょう。

消費カロリーを摂取カロリーよりも高くするという基本は忘れないでください。

 

まとめ

炭水化物が悪で脂質は全く問題ないという意見を良く拝見するので、

脂質も炭水化物も悪ではなく過剰摂取や劣化したものの摂取が悪なのです。

総摂取カロリーと栄養のバランスを気を付けて質の良い糖質も脂質も摂取すべきです。

 

糖質は極力あまり加工されていないそのままで食べることです。

砂糖など加工されているものは血糖値に影響しやすく悪影響が発生しやすいです。

 

脂質は新鮮な加熱もされていない植物油(オリーブオイル、ごま油など)、魚の脂、

カロリーを考えながら新鮮な肉も食べましょう。

時間が経った黒い油で揚げられた揚げ物、飽和脂肪酸の多い肉の食べ過ぎには気をつけてください。

 

ストライブジムではブームだからと言って簡単に低糖質ダイエットに取り組むことはオススメしておりません。

減らした糖質の分を脂質でしっかりとエネルギーが摂れるのか、糖質を減らしたストレスに耐えられるのかなど

しっかりと考えた上で低糖質ダイエットに取り組むことをオススメしております。

健康的なダイエット、リバウンドしないダイエットをしたい方は葛西、西葛西、江戸川区、東西線エリアで

初心者、女性に人気のストライブジムへお越しくださいませ。

 

STRIVE GYM 

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-7-9 吉田ビル101

TEL: 03-6875-2003 MAIL: strivegym.kasai@gmail.com

東京メトロ東西線葛西駅地下鉄博物館口から徒歩3分です!